代償分割時の相続税の計算には注意!

不動産など分けにくい相続財産があるとき


相続財産が現金であれば、非常に分けやすいと言えるでしょう。割合の決め方は基本的に話し合いになります。法定割合で配偶者が2分の1、子供が2分の1などがありますが、その通りに分ける必要はありません。ただ、ある程度は割合を決めて行うでしょう。相続財産に不動産があったとき、割合通りに分けられません。この時には代償分割によって行うと良いかもしれません。ある人が割合を超える不動産を引き継ぎ、引き継いだ人が他の相続人に現金やそのほかの不動産などを提供する手続きになります。代償分割で現金を渡すときはまだ良いですが、不動産を渡すときは不動産の評価などが必要になります。それによっては相続財産の割合も変わるので、相続税の負担割合も変わります。



相続税以外に所得税がかかる可能性


相続財産が多くあるとき、相続税対策を事前にしておくと良いでしょう。養子縁組をして法定相続人を増やしたり、生前贈与によって相続財産を減らすなどの方法があります。しかしそれでも相続税がかかるときがあります。大きな不動産がある時には簡単には贈与などができません。また、不動産は細かく分けて引き継げません。この時には代償分割をすれば、各相続人が納得をしての相続ができます。注意としては、代償分割の時に不動産を使う時でしょう。不動産を渡す行為は譲渡に該当するので、不動産の価値によっては譲渡所得が発生するかもしれません。相続税の他に所得税が発生するため、税負担が増える可能性があります。できるだけ税負担がないような遺産分割になるよう考えた方がいいでしょう。